"422 :名無し三等兵:2011/06/22(水) 00:59:24.21 ID:???
うちのじいちゃんとばあちゃんの話

じいちゃんは兵隊で南方に行ってた
慰問袋をおくったのがばあちゃんだった
他の人に送られた慰問袋と違って
家族のこととか、村のこととか、「今日は稲刈りをしました。新米は美味しかったです。
兵隊さんにおにぎりにして食べてもらいたいです」みたいな文とか
何度も繰り返し読んでたそうな

戦争が終わって慰問袋の女の子に会いたくなったじいちゃんは学校の名前からばあちゃんを見つけ出した
戦争孤児になっていたばあちゃんは親戚の家でこきつかわれてたらしく
「俺の嫁にくるか?」
「なる!」
二つ返事でばあちゃんは答えた
そのまんま誘拐みたいに二人で逃げて、ばあちゃんが成人してから結婚した

当時ばあちゃん13歳、じいちゃん28歳
俺がロリコンなせいって…………


423 :名無し三等兵:2011/06/22(水) 01:16:13.56 ID:???
»422
今ならタイーホされてるなw"

うちのじいちゃんとばあちゃん、年の差15:ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd (via yuco)

"

ファンタジーに生きる必要がある年齢の子供に、

損得勘定を教えることは、大人のエゴでしかない。

"

教育で最も大事なことは (via nakano) (via theemitter) (via yaruo) (via -nobby-) (via taichanman) (via yaruo)
2010-05-11 (via gkojay) (via oosawatechnica) (via jiatamawaruo)

"浮川社長は『スペースキーで漢字に変換し、もう一度スペースキーを押すと次の候補が出る、という現在の標準的な日本語変換方法を作った』まさに伝説的なお方です。"

一太郎・ATOKを生みだし、7notesを作った浮川社長に聞く「超」こだわる開発。開発者必読です。 【前編】 (via fyfyfy)

(konishirokuから)

"橋下「では、職員の給与を下げなければ
   それですべてがゆるされるんですね?」
職員「そういうわけではないですが、
   職員の士気をさげれば、うまくいかないのは当然です」
橋下「それで、大阪府が破綻した場合は?」
職員「それは我々が関与するところではないです」
橋下「職員でありながら、財政面には関与しないと?」
職員「そういうのは知事、あなたの仕事でしょう!! 
   我々では越権行為になる!そんなことがわからんのか!」
橋下「財政面に言及せず、給料だけもらうというのは、
   どう考えてもおかしいでしょう」
職員「退職までの給料が保証されていたのに、
   下げられるほうがおかしいでしょう。
   これじゃあ、前にも誰かが言うてましたが
   後だしジャンケンでしょう」
橋下「そういう問題を今、話しているわけじゃないんですよ。
   あなたの給与、それをまかなう財源が足りないんです。
   ないものをどうやって捻出するんですか?」
職員「だから、それはあなたの責任でしょう!!
   あなたが無能だからじゃないですか(笑)」
 →職員から笑いが起こる
橋下「では、あなたは無駄を減らさずに、税金だけをあげろと?」
職員「それはやむを得ないこともあります。
   というより職員の給与が無駄とはどういうことですか?」
橋下「話になりません」
職員「どういうことですか?説明を願います」
 →「ふざけるな!」と野次が飛ぶ。"

ぺぺねた。 大阪府職員「うちの部署では橋下の事を『知事』と呼ぶ人はいない」→人件費削減案に9割の職員反対 (via plasticdreams)
2008-07-04 (via gkojay) (via budda)

破綻したらいいと思う。

(via sironekotoro) (via uessai-text, plasticdreams) 2009-11-05 (via gkojax-text) 2011-01-30 (via gkojay) (via niburn)

"ところでこの「ドラゴンクエスト5」というゲームには、結婚相手を選ぶという主人公の人生最大のイベントがある。
結婚相手候補のビアンカとフローラという名称はどこから来たのであろうか?
堀井雄二氏は帰宅したとき、まずビールを飲むか、それとも先に風呂に入るのか、「ビールか?いや風呂だ!」といつも悩むのだそうだ。
ビールか?ビールは英語で「ビア」、ビアか?、転じてビアンカ。 風呂だ!、風呂ーだ、転じてフローラ。
そう、主人公の人生における最大の選択肢を、氏が常日頃悩まされている問題の選択肢になぞらえたのである。
ちゃちな命名だと思われるかもしれない。確かにちゃちだ。
しかし私はこれを聞いたとき、実に堀井雄二氏らしい、分かりやすい発想だと思ったものである。"

ビアンカ、フローラの名前の由来 - コピペ新聞 (via shibata616) (via soulboy) (via rock-the-baby) (via noboko) (via oosawatechnica)

隠れキャラに「ソレトモワターシ」がいる(嘘)。

(via bbk0524) (via kondot) (via nagas) 2010-06-02 (via gkojax-text)

(via ataxia) (via gotouyuuki-text) (via ipodstyle) (via dfgkelxp) (via darylfranz)

(via biikame) (via zorozoro11jp)

(via korori39) (via wizardblue) (via feita) (via ryusoul)

"字数制限のある文章の書き方を学びたかったら新聞を読むといい。
構成力のある文章の書き方を学びたかったら論文を読むといい。
馬鹿なことをやるのは自分だけじゃないんだと救われたかったら小説を読むといい。
日常のあるあるネタを探したかったら随筆を読むといい。
抒情的な語彙を増やしたかったら詩を読むといい。
旅情を味わいたかったら俳句を読むといい。
人の誠に触れたかったら短歌を読むといい。
解題したかったらノンフィクションを読むといい。"

私の子供を守るのは、武器を持たないあなたの手  僕が考える「読むものが漫画だけじゃダメ」な理由 (via nyo-saori)

旅情は俳句ではないと思うんだけど、それ以外はまるっと同意。 

(via cherub69)

(deli-hell-meから)

"

実は日本でよく自己啓発本に見る書類の作成方法で 「結論から書け」「シンプルに論点をまとめて」というのは 極めてアメリカ的な小論文指導です。

イギリスでは逆に、遠まわしで、マニアックな単語を使って 1文をなるべく長く書いたほうが教養があると思われる。 なので、イギリス人にとってアメリカ人のシンプルな文章は 「こんちゃーす!俺、バカでーす!!!」という文章に見えてしまう。

"

「外資系」でくくる危うさ:アメリカの会社に行ったら、イギリスの英語も文化も通じなかった 外資系OLのぐだぐだ (via otsune)

(deli-hell-meから)

"

埼玉県の桶川に、
「いなほ保育園」
というところがあるんですけど、
この園長さんが
非常におもしろいということで、
ぼくは会いにいったことがあるんです。

この保育園の最大の特徴は
「ぜんぶ、放ったらかしにすること」
なんです。

それで
何をやらせようとしているかというと……
「子どもがバランスよく立って歩くこと」
なんだそうです。

3歳児や4歳児の子どもは、
走ったり歩いたりするとき、
前のめりか後ろのめりになっていますよね。
それをバランスよく
立てるようになるためには、外に出て、
いろんなことをしないといけないんです。
ところが今の子どもたちの特徴は、
少子化で「いろんなことをする」という
機会をうばわれているんです。

「いなほ保育園」は、
どんなにあぶない状況になっても、
誰も何も先まわりして
危険に近づかないようにはしない。
ケガをしようが何をしようが
放っておくんです。

だけど、そこを通過した子たちは、
全員が違う立ちかたになるんです。
それぞれなりのバランス感覚を持つんですよ。
実際に保育園に見にいくと、
本来子どもというのは、こんなに元気で
エネルギーを持っているものなんだ、
ということが思い知らされますね。

でかい敷地で
自由闊達にやらせているんですけど、
冬に焚き火をして魚を焼くと、
3歳や4歳の子どもたちが、
頭からガブッと食べるんですよね。すごい。

現代では珍しいぐらい、
みんなが青っ洟を平気でたらしていました。
あの保育園に立っていると、
タイムスリップしたみたいな
気分になるんです。
子どもたちも元気で、
みんな、ものすごく敏捷だし……
昔の子は、当時は子どもが多かったせいか、
放ったらかしにされていただけなんだけど、
みんながそういう経験を
ふつうに通過してるんです。

乱暴者の問題児も、親ごと
近所に引っ越してその保育園に入れると、
もっと元気になるんですよ。
いろんな意味で
注目されている保育園なんですけど。

「でも、ここを終わって小学校へ行ったら、
 みんな、学習して
 ダメになっちゃうんじゃないですか?」
園長さんにそう聞いたら、
そんなことはありえないんだそうです。
子どもの基礎ができるのが
3歳から4歳なんだから、と……。

ほんとにおもしろい場所でした。
ああいうところに行くと、
人間の動きの基本がわかるから、
いろんなアニメーターに
「あそこに行っておいたほうがいいと思う」
と言うんですけどね。

"

ほぼ日刊イトイ新聞 - ジブリの仕事のやりかた。 (via clione)

(quinocoから)

"老衰で12月の初めに亡くなった恩師から威勢の良い年賀状が届いた。何事においても準備の良すぎる人だったから、年賀状の受付開始に合わせて投函したのだろう。「毎日欠かさずウォーキングをしています。2014年も明けましたが、私は新年早々歩いています」と近況が印刷してあった。明けてない、先生だけ明けてないよ、と思いながら読んだ。未来日記である。先生は折り目正しく生真面目だけど、涼しい顔でとんでもない爆弾を落とす人だった。先生だけがその過ちに気づいていない、ということが多々あった。最後の最後にやってくれた。渾身のブラックジョークだ。受け取った数百人が同じことを思っただろう。この葉書は大切に取っておこう。"

塩で揉む | 最後の爆弾 (via ginzuna)

名文

(via dante35)

(niburnから)

"相田みつをは地元で借金ばかり作り、周りに迷惑ばかりかけていたため、地元に相田みつをの展示館設立を拒否されたという。最低なダメ人間の言葉は人の心を打つのだ。"

Twitter / orimar3 (via petapeta)

(deli-hell-meから)

"宇多田ヒカルが「将来国家公務員だなんて言うな夢がないな」
と歌って、国家公務員の嫁から「あんたのCD全部捨てた。
二度と聴かない」という事を言われたそうです。
それに対して彼女は「いや、例えば外務省に入って
外国との橋渡しをしたいとか、公務員にだって
いろいろ職種はあるでしょう。それなのにただ
『公務員になりたい』なんて言うなよ。
ただ安定したいだけじゃんか。そんなの夢じゃない」
という趣旨のことを言いました。その通りだなと思います。
"

新卒で入社しましたが、退職しようか悩んでいます。(1/4) | OKWave (via plasticdreams)

(元記事: tanigon (ryusoulから))

"

国 会 中 継 に は 著 作 権 は あ り ま せ ん 。


著作権法第10条

第10条

事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項第一号に掲げる著作物に該当しない。

第40条(政治上の演説等の利用)

本条は、著作物の第一次的な利用目的の特質を考慮してその著作権を制限する規定である。

公開して行われた政治上の演説または陳述  
政治上の意見の自由な流通により民主主義の維持・発展に役立てるためである。



44名無しさん@13周年2013/03/12(火) 00:07:49.72 ID:IJx8uM2f0
»29

これは、NHKの大きなミスだ

NHKは、国民に対し「なぜ著作権を主張し削除したのか」
を説明しなければならない

"

【NHK国会中継動画削除】ようつべ担当者wwwwwwww|保守速報 (via laft)

(ryusoulから)

"「なんで小説なんか書いてるんですか?」「落選した漫画描いてるサークルに申し訳ないと思いませんか?」「出来の善し悪しじゃなくて、小説である時点でダミーサークルと同じですよ」「小説なんて誰でもかけるじゃないですか。初めてでもそれなりのものがかけますよ」 全部実際に言われた言葉です。"

Twitter / sanma_you (via cokeraita)

(katoyuuから)

llbwwb:

Hang on ! By:Gripweed

llbwwb:

Hang on ! By:Gripweed

(assortから)

americasgreatoutdoors:

Foggy morning face-off. Two young bull moose testing each other in Tobin Harbor in Isle Royale National Park. They locked horns and did a little pushing and shoving, but no real damage was done to either. Photo: Carl TerHaar 

americasgreatoutdoors:

Foggy morning face-off. Two young bull moose testing each other in Tobin Harbor in Isle Royale National Park. They locked horns and did a little pushing and shoving, but no real damage was done to either.

Photo: Carl TerHaar 

(bibidebabidebooから)